• ウェブ会議でいつでもどこでも投資情報を共有

    12月 4, 2017

    ウェブ会議があれば投資情報をいつでも共有することが出来るので、今の時代の投資には必須といってもいいでしょう。 遠隔会議も可能で効果的に情報をやりとりするコミュニケーションツールとしても最適です。 設置は簡単でワイヤレスでも使うように出来るので、どこにでも設置して使うことが出来るように出来ます。 ...

    記事の続きを読む

  • デジタルサイネージに結び付く株は買い時!

    12月 1, 2017

    デジタルサイネージに結びつく株は今が買い時です。 何故なら広告媒体として広く使われるデジタルサイネージはこれから多くの需要が見込めるからです。 市場が拡大することはかなり有力ですから、株は高騰する可能性が高いといえるでしょう。 液晶ディスプレイも有力ですがLEDディスプレイなどさまざまなものが...

    記事の続きを読む

  • FXは為替レートという時価に投資する金融商品

    7月 13, 2017

    FXは、2つの通貨が組み合わさった通貨ペアに対して投資する金融商品で、為替レートという時価の変動で損益が発生します。 元本保証がされていない金融商品の1つで、為替相場に対して直接投資するのが大きな特徴です。 投資信託などの金融商品とは違い、自分自身が主体となって、口座に預けた現金によって通貨ペア...

    記事の続きを読む

  • 投資家は損益を記録し効率的売買のタイミングを考える

    6月 11, 2017

    株式投資は、企業の株を売買してその差額で儲けるものです。そして、株を持っている間は、株主優待や配当金をもらえます。そのため、銀行に預けているより得になるため、その恩恵を理解している人は行っています。また、ネット証券のおかげで手数料も少額で手軽にでき、政府も政策で株式投資の奨励を行っているため、始めや...

    記事の続きを読む

  • NISA投資で新株予約権も管理可、日本通運について

    4月 29, 2017

    定年退職後に株の投資を始めようかという人にうってつけなのが少額投資非課税制度NISAです。通常なら配当金は20%も課税されるのですがNISAですと非課税です。また今年からは0歳から19歳までを対象としたジュニアNISAも開始になりましたので祖父母から孫への教育資金にも最適です。なおNISAでは年間1...

    記事の続きを読む

  • 太陽光発電事業に投資して配当を得るなら

    3月 28, 2017

    東日本大震災後、原子力発電所のリスクが明るみになり、太陽光発電などの再生可能エネルギーが注目されるようになりました。電力自由化も追い風となり、再生可能エネルギー事業を始めた企業がいくつもあります。 しかし、ほとんどの企業は再生可能エネルギー事業はいくつかの事業の1つであり、再生可能エネルギー事業の...

    記事の続きを読む

  • 株主重視のオリンパスと小松製作所は投資に向いている

    2月 14, 2017

    実際に企業に投資する際にはその会社の知名度や伝統だけではなく、今どういう国に力を入れてビジネスを行なっているか、その国の景気はどうかなどにも注目することが必要です。と言いますのは、現在日本の多くの企業は海外で広く事業を行なっていますので、その企業がどんなに技術があっても製品が優秀でも取引先の国自体が...

    記事の続きを読む

  • 投資では決算間隔と株主優待が重要で、日精樹脂に注目

    1月 14, 2017

    企業にはそれぞれ決算時期がありますし、あるいは投資商品の中でも1年に1度のタイプもあれば毎月分配型という商品もありますが、少額投資非課税制度NISAの口座で購入している人にとっては、一般的には決算の間隔が長ければ長いほどNISAのメリットが出ることになります。と言いますのは、まずNISAの大きな特徴...

    記事の続きを読む

  • 投資には即時対応しているネット証券やダイワが便利

    12月 3, 2016

    株などの投資を始める時はまず金融機関を決めますが、例えばNISAで国内株や外国株を扱っていますのは証券会社です。銀行は普通投信のみですので、少額投資非課税制度NISAで行なおうという人は証券会社で口座を開設すると商品の幅が広いです。代表的な証券会社の一つにダイワがあります。ここの特徴は株式だけではな...

    記事の続きを読む

  • これからの投資はどのようなものがおすすめか

    11月 1, 2016

    これからの投資には、どのようなものがおすすめなのかと考えてみますと、まずREIT (Real Estate Investment Fund)関連の投資があげられます。何故かと言いますと、超低金利状態が今後も続くなかにおいて、確実な賃料収入が見込まれるREITは、Yield Huntingの対象として...

    記事の続きを読む